[CakePHP2.x]ビューからCSSやJavaScriptを読み込む

ビューでHtmlヘルパーのcss関数やscript関数を使用することで
CSSファイルやJavaScriptファイルを読み込む事ができます。

CakePHPではCSSファイルやJavaScriptファイルを
/app/webrootフォルダのcssフォルダとjsフォルダにそれぞれ保存しておきます。

<?php
$this->Html->css("[CSSのファイル名]"); // 拡張子は不要
$this->Html->script("[JavaScriptのファイル名]"); // 拡張子は不要
?>
スポンサーサイト

[CakePHP2.x]テーブルからデータを取得する

モデルのfind関数を使用することで
テーブルからデータを取得することができます。

<?php
$result = $this->Model->find('all', array(
'fields' => array('id', 'title', 'body'), // 取得するカラム
'conditions' => array("role" => "author"), // 取得するレコードの条件
'order' => array('modified' => 'desc'), // 取得するレコードの順番
'limit' => 5)); // 取得するレコードの数
?>

[CakePHP2.x]Paginatorヘルパーから情報を取得する

Paginatorヘルパーのparamsを使用することで
表示しているページの番号やソートの方法を取得する事ができます。

<?php
echo $this->Paginator->params['named']['sort']; // ソートの方法
echo $this->Paginator->params['named']['direction']; // ソートの方向
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['page']; // 現在のページ番号
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['prevPage']; // 前のページ番号
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['nextPage']; // 次のページ番号
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['pageCount']; // ページ数
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['count']; // 記事数
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['current']; // 現在のページの表示記事数
echo $this->Paginator->params['paging']['Model']['limit']; // 1ページの表示レコード数の限度
?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。