[Unity]スクリプトからゲームの実行をポーズする

  • Day:2013.09.24 15:31
  • Cat:Unity
Debug.Breakを使うと、
スクリプトからゲームの実行をポーズすることができます


Debug.Break();
スポンサーサイト

[Unity]Mathfxを使用する

  • Day:2013.01.15 22:22
  • Cat:Unity
Mathfxを使用することで
エルミート関数やバウンド関数が使用可能になります。

インストール

Mathfx - Unify Community Wiki
http://wiki.unity3d.com/index.php/Mathfx

Unify Community Wikiの「Mathfx.cs」を
プロジェクトに追加することで使用可能になります。

できること


for (var i = 0; i <= 10; i++)
{
var lerp = Mathfx.Lerp(0, 1, i * 0.1f);
var hermite = Mathfx.Hermite(0, 1, i * 0.1f);
var sinerp = Mathfx.Sinerp(0, 1, i * 0.1f);
var berp = Mathfx.Berp(0, 1, i * 0.1f);

Debug.Log(string.Format("{0}, {1}, {2}, {3}",
lerp.ToString("0.0000"),
hermite.ToString("0.0000"),
sinerp.ToString("0.0000"),
berp.ToString("0.0000")));
}

// Lerp Hermite Sinerp Berp
// 0.0000 0.0000 0.0000 0.0000
// 0.1000 0.0280 0.1564 0.3129
// 0.2000 0.1040 0.3090 0.5573
// 0.3000 0.2160 0.4540 0.7614
// 0.4000 0.3520 0.5878 0.9324
// 0.5000 0.5000 0.7071 1.0510
// 0.6000 0.6480 0.8090 1.0821
// 0.7000 0.7840 0.8910 1.0221
// 0.8000 0.8960 0.9511 0.9724
// 0.9000 0.9720 0.9877 1.0042
// 1.0000 1.0000 1.0000 1.0000

[Unity]ArrayPrefsを使用する その2

  • Day:2013.01.14 00:27
  • Cat:Unity
ArrayPrefsを使用することでVector3型や配列の保存や読み込みが可能になります。
さらに、ArrayPrefs2を使用することで
bool型やQuaternion型などの保存や読み込みも可能になります。

インストール

ArrayPrefs2 - Unify Community Wiki
http://wiki.unity3d.com/index.php/ArrayPrefs2

Unify Community Wikiの「PlayerPrefsX.cs」を
プロジェクトに追加することで使用可能になります。

できること

bool型を保存する
bool型を読み込む
Vector2型を保存する
Vector2型を読み込む
Vector3型を保存する
Vector3型を読み込む
Quaternion型を保存する
Quaternion型を読み込む
Color型を保存する
Color型を読み込む
int型の配列を保存する
int型の配列を読み込む
float型の配列を保存する
float型の配列を読み込む
bool型の配列を保存する
bool型の配列を読み込む
string型の配列を保存する
string型の配列を読み込む
Vector2型の配列を保存する
Vector2型の配列を読み込む
Vector3型の配列を保存する
Vector3型の配列を読み込む
Quaternion型の配列を保存する
Quaternion型の配列を読み込む
Color型の配列を保存する
Color型の配列を読み込む


// Vector2型を保存する
var coordinates = new Vector2(4f, 2f);
PlayerPrefsX.SetVector2("Coords", coordinates);

// Vector3型やQuaternion型を保存する
PlayerPrefsX.SetVector3("PlayerPosition", transform.position);
PlayerPrefsX.SetQuaternion("PlayerRotation", transform.rotation);

// Vector2型を読み込む
var coordinates = PlayerPrefsX.GetVector2("Coords");

// Vector3型やQuaternion型を読み込む
transform.position = PlayerPrefsX.GetVector3(
"PlayerPosition", new Vector3(100, 50, 0));
transform.rotation = PlayerPrefsX.GetQuaternion(
"PlayerRotation", Quaternion.Euler(90, 45, 0));

// int型の配列を保存する
var numberArray = new int[10];

for (var i = 0; i < 10; i++)
{
numberArray[i] = Random.Range(-10, 11);
}

PlayerPrefsX.SetIntArray("Numbers", numberArray);

// int型のリストを保存する
var aList = new List<int>();

for (var i = 0; i < 10; i++)
{
aList.Add(i);
}

var anArray = aList.ToArray();

PlayerPrefsX.SetIntArray("Numbers", anArray);

// int型の配列を読み込む
var numberArray = PlayerPrefsX.GetIntArray("Numbers");

// int型の配列を読み込む
// キーが存在しない場合、
// 10個の要素を持つint型の配列を作成し
// 各要素を-1で初期化する
var numberArray = PlayerPrefsX.GetIntArray("Numbers", -1, 10);

// 保存した配列の型を出力する
PlayerPrefsX.ShowArrayType("Numbers");
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。